指輪

注意点とトレンド

結婚指輪

プロポーズの際に婚約指輪を渡すという演出をしたいなら、女性の好みをしっかり把握している必要があります。事前のリサーチをしっかりしましょう。今人気の婚約指輪は、価格帯は20〜30万円台で、1〜数個のダイヤがあしらわれたプラチナの指輪で、華やかでありつつ洗練されたデザインの指輪となっています。

Read More...

プロポーズの必需品

指輪

婚約指輪は結婚をしたい相手に贈る大切な指輪ですので、今人気になっている婚約指輪はどういうものなのか調べて色々と参考にしてみましょう。贈る相手に喜んでもらえる素敵な婚約指輪が見つけやすくなるのでお勧めです。

Read More...

プロポーズするのなら

リング

婚約指輪を作るのなら、とにかく彼女の好みを知らなければならないので、身につけているものを観察したり、友人に協力してもらいましょう。店舗に行くなら予約は必須ですし、参考にする人気の婚約指輪をメモしておくと良いです。

Read More...

指輪の地金

定番の地金

リング

婚約指輪を選ぶ際の選択肢として、地金をどのような金属にするかというのも大事な点ですので、ここで少し人気の地金であるプラチナとゴールドについて詳しく見ていきます。まずプラチナですが、こちらは日本ではブライダルジュエリー=プラチナというイメージが強力に定着しており、婚約指輪も結婚指輪も双方とも圧倒的にプラチナが人気となっています。希少性の高い貴金属ですが、その希少性が金よりも高いことから、特別感があり、ブライダルジュエリーとして高い需要があるのです。一方のゴールドは、日本ではプラチナに圧されてそれほど多くはありませんが、欧米では人気の高い地金となっています。そもそも婚約指輪は伝統的にゴールドとされてきた歴史がヨーロッパにはあり、現在でも定番となっています。イエローゴールドが一般的ですが、ホワイトゴールドやピンクゴールドなどもあり、近年日本でもゴールドを選ぶカップルも増えています。

地金を工夫して個性的に

婚約指輪は結婚指輪のように日常的に使用する指輪というわけではないので、制約があまり無い分華やかな指輪が人気です。そうした中で、個性的な婚約指輪を求める人も少なからずいます。そうした個性を求める人であれば、地金の金属を工夫して個性を出すのもいい方法です。一生に一度の記念の指輪ですから、長く使えるように安全で耐食性の高い金属が好ましいのですが、こうした性質を持っていても技術的な問題から指輪として使用できなかった金属が、今ではいくつか使用できるようになっています。例えばパラジウムやチタン、タングステンなどは、古くから様々な場面で利用されてきた金属ですが、加工が難しい金属で、ジュエリーとしての利用はここ最近になってからの事です。こうした金属を使用した婚約指輪であれば、他にはない個性的な婚約指輪になる事でしょう。